化粧品で綺麗なワタシ作り~プラセンタで美貌を手に入れる~

美容

洗顔の性質を理解する

弱酸性と弱アルカリ性について

洗顔

通常の肌は弱酸性に保たれていて、雑菌などの繁殖を抑える働きがあります。 肌の汚れを取り除いてくれる洗顔料は、弱アルカリ性のものが多く見られます。 しっかりと汚れを落とし、古い角質などをはがすためには弱アルカリ性の方が汚れ落ちが良いです。 しかし、アルカリ性が強まるほど肌への刺激が強くなりますから、弱アルカリ性の洗顔料が多いのです。 一方、弱酸性の洗顔料も存在します。 一般のものより肌に優しいというメリットがありますが、汚れ落ちは一般のものより劣ってしまいます。 肌の弱い方などには適していて、潤いを残しながら汚れだけを落とすことができます。 肌の調子はいつも同じではないので、通常の時には弱アルカリ性、ダメージを受けている時には弱酸性などというように、使い分けをするのが良いでしょう。

角質ケアには酵素洗顔がおすすめ

毛穴の詰まりや汚れ、肌がごわごわで固くなっている場合、通常の洗顔料では汚れが落としきれない場合があります。 毛穴には古い角質と皮脂が混じったものが詰まっていますし、肌のごわごわは古い角質が積み重なったものです。 毛穴詰まりや古い角質をきれいに落とすなら、専用の洗顔料がおすすめです。 最適なのが酵素洗顔です。 フルーツ酸と呼ばれる肌に優しい成分が、マイルドに古い角質や毛穴に詰まった汚れを落としてくれます。 つるんとした手触りの肌になることができて、肌のトーンも明るくなります。 また、基礎化粧品の浸透力がアップするので、より美肌に近づくことができます。 ただし、毎日のように使っていると逆に角質が薄くなってしまうため、週に1度程度が望ましいです。